読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

About Sword World 2.0

SW2.0について色々書きます。TwitterID:groupsgr

旅人に尋ねてみた、どこまでリアルなのかと

少しSW2.0と関係ない話が続きますが。

 

自分の親友は、割と奔放で、彼のやることは全て応援するスタンスでいます。

趣味のサバゲーに行こうと誘おうとある日電話をしたのですが……連絡が取れない。まあ、こういうことはままあることなので、タイミングが悪いと思っていました。

一ヶ月くらいして、また遊びの連絡を……取れない。

二ヶ月して………しかし、連絡が取れない。

 

そもそも携帯電話の着信音すら鳴らない。流石に心配し始めました。

あれやこれやと悩んだ末、親友の家の電話番号知ってるじゃん、と電話してみました。

 

親友の名前を便宜上Mとします。

 

僕「お久しぶりです。Mくんと連絡が取れないのですが……」

M父「ああ、Mね。今新潟の親戚の農家に働きに出て脱走して青森まで逃げて、今福岡に向かってるよ。徒歩で

僕「マジすか

 

なお、僕もMも福岡在住である。

 

電話の充電も逝って、公衆電話で定期的に連絡を取っているらしい。

自分の携帯の電話番号を伝え電話を切る。一先ず、事故や病気ではなかったので安心である。

 

それから、無事に公衆電話から連絡が来て、色々と話した結果

9月の頭に自分が大阪旅行に行く時期、Mが京都にいるとのことで会う事に。

 

ようやくブログらしい話になるんですが、この現代において彼は「リアルに旅人であった」ということです。

彼の話は、TRPG、ファンタジーにおいて非常に重要な参考になるのではないか、ということで、今回ブログの記事にしてみようと思い立ったわけです。

なお、彼が新潟から青森経由で京都に至るまでおおよそ、1800km。そして、20kgも痩せた模様。

 

僕「この前ブログで、旅人の徒歩の移動距離とか出したんだけど……一日に30kmってあってる?」

 

M「あってるよ、だいたい30km~40kmだったかなあ」

 

あってたらしい。

 

M「最大、一日57kmぐらい進んだけど……一気に進むと駄目だね。次の日、10kmちょっとしか進めなかったから」

 

強行軍は駄目らしい。

そう考えると、ユリスカロアの【ライトニング・マーチ】は地味にエグい事がわかります。

 

M「後、金が無かったり、断食しながら歩いて時があったんだけど……飯食わないと駄目だね、空腹だと13kmくらいしか進めなかった」

 

飯を食わないと駄目らしい。

食事をしないペナルティは我々が思っている以上に、判定に影響が出そうですね。

 

M「テントとかは、俺のは安物だったからか、虫よけとかにしかならなかった。良いのだともう少し寝心地が良いんだろうけど。後雨は本当に辛い、テント張れないし、公衆電話で震えて眠った」

 

安物と雨はヤバイらしい。

 

確かに野宿の雨ってどうするんでしょうねえ……木のウロの中にいるイメージしかないです。

馬車で一日とか言われても、途中雨降ったら結構惨事ですよね。村に駆け込む必要性が出ますね。

雨は思ってるより、シナリオフックに使えるのかもしれません。

 

M「後、動物がすげえ怖かった。北の山の中は動物に襲われるって聞いたし」

 

北の動物には襲われるらしい

 

まあ、実際、旅の商人とか動物もかなり脅威ですよね……魔物データにある動物も数レベルで充分一般人死ねますし。

冒険者は蛮族とか気にかかりませんけど、一般人とは思ってるより動物への意識が変わりそうです。

 

M「後、一番優しかったのは青森だった。一泊させてくれて、飯とか持たせてくれた上に、二千円くれた。東京とかは5回職質されただけだった」

 

青森は優しくて、東京は職質されるらしい。

 

閉鎖で貧しい村ならさておき

それなりに、蓄えのある村なら助けて貰えそうですし

逆に、港町で店がたくさん立ち並ぶような町で、行き倒れても助けてくれるイメージ無いですね

 

M「地味にソーイングセット大事。リュックの肩紐とかしょっちゅう切れて騙し騙しやってたから」

 

ケンシロウも愛用していたソーイングセット。これも旅で地味に必携品っぽいですね。

 

とまあ、こんな感じだったようです。

 

生で旅をした男の経験談なので、ファンタジーTRPGの中でも活かす何かになれば、幸いです