読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

About Sword World 2.0

SW2.0について色々書きます。TwitterID:groupsgr

【超越ボスシリーズ】“アカシック・ウィザード” ヴェス=ザス=ダヴ

前に少し呟いたんですが。

昨年の5月頃に身内でSW2,0を始め、その時に作ったキャラクターで

大量のセッションキャンペーンを繰り返しました。

セッション数を25回で作中経過時間1年として、七年を過ぎた頃、“二度目の大破局”(セカンドディアボリック・トライアンフ)というのが起き、世界の危機というキャンペーンを作りました。これが、この卓の一時的な最終回という形で。

経験点50万~60万点頃でした。二度目の大破局の主犯格に辿り着くまで、妨害する敵ボスクラスを一人一殺で喰い止めながら進む、ということで。パーティメンバー分のボスを作りました。

その時のボスを適当に上げていこうかと思います。

 

 

 

Lv30

“アカシック・ウィザード”  ヴェス=ザス=ダヴ

種族:ナイトメア

知能:測定不能
知覚:五感、魔法、機械
反応:敵対的

言語:全て

生息地:不明

先制値:40
知名度/弱点値:40/44

弱点:魔法ダメージ+5

移動速度:※

生命抵抗力:30(37)
精神抵抗力:40(48)


攻撃方法

→なし

命中力

→なし

打撃点

→なし

回避力

→なし

 

防護点

→0

HP

→350

MP

→9999

 

◯複数宣言=3回

 

〆全知全能の記憶

現存する全ての魔法を、魔力40で使用することができます。
信仰している神は‡ル=ロウドです。

 

〆アカシック・ウィザード

魔法に関するあらゆる戦闘特技を有しています。

 

◯マナ同化
大気中のマナをかき集め、自身に使用することができます。MPを「9999」で使用することができ、毎ラウンドMPを「100」点回復させます。

 

◯マナ過敏
自身が限りなくマナに同化している為、本体に魔法ダメージが適用される際、余分に20点のダメージを受けます。

 

○必中抵抗
「抵抗:必中」の魔法は「抵抗:半減」へと変えます。

 

○瞬間移動
視界に映る範囲であれば、常に瞬間移動することができます。

 

☑高速詠唱
一度の主動作で魔法を二つ行使することができます。この時魔力の低下はありませんが、ダブルキャストを行使する場合、魔力を-10する必要があります。

 

☑超高速詠唱
一度の主動作で魔法を三つ行使することができます。この時、魔力が-8されます。ダブルキャスト時は更に-10です。


◯王の城壁

【セーブ・ザ・ワールド】を極限まで薄くし、その性能を維持したまま、常に自分の周囲に纏わせています。
あらゆる物理、魔法ダメージを全て無効化し、かつこちらから一方的に干渉することができます。

この防壁を透過させるには、魔法的な波長を理解し、調整する必要があり、《魔法制御》を持ち、真語、操霊魔法のレベルがそれぞれ16以上、また魔法使い系レベルの合計が60を超えていなくてはなりません。

◯王の幻影

常に【ブリンク】と同等の効果が発動しています。


〆独自魔法

深智魔法【シャングリラ・ワードブレイク】☆  対象:術者 消費 *

 

毎ラウンドに一度だけ、達成値の分だけMPを消費して術者にかかっている魔法を1つ解除することができます。

 

〆 創作魔法【×××××××】

〆 秘匿魔法【×××××××】

▽ dg蝗k殪j魔ュ【?※繧ぇ>縺?s縺adgエ】

 

 

概要:

魔法文明時代に、真語、操霊、深智魔法の体系化を行った魔法の起源とも言える伝説の魔導師です。
あらゆる魔法に精通しており、“アカシック・ウィザード”(記憶の魔導師)と呼ばれていました。
一時期は魔法王として王の地位についたこともありましたが、魔術の研究を行うには煩雑な肩書に過ぎず、即位してからすぐに去ったと言われています。

ある時から、歴史の表舞台から姿を消し、死亡したことが通説となっていましたが、
極一部の学者から、下級蛮族も魔法を多用し始めた時期と、ヴェスが姿を消した時期が重なっていることから、ダークナイトとして蛮族に下ったのではないかという説もありました。しかし、些細な傾向に過ぎず一蹴され、それらの学説は記録には殆ど残っていません。

また、当時彼の実力を恐れた人族達に不便さを覚え、研究場所を提供する事で蛮族と何らかの契約を結んだのではないかとも言われています。

仮にそれらの説が本当だとすれば、彼は未だ魔法の研鑽を続けていることでしょう。

 

 

ーーーーーー

上の文字化けしたような魔法シリーズは、誰にも知られない所で開発した為、魔物知識判定では知り得ないという裁定にしました。

ということで、以下が隠されてた魔法です。


〆創作魔法【×××××××】

→〆創作魔法【マッドメイカー】

周りの土を材料に、“殺戮兵器”泥人形を一度に200体召喚します。
この魔法の行使には、事前の準備が一日必要です。

※“殺戮兵器”泥人形は17レベル程度の高火力のゴーレム。 

 

〆秘匿魔法【アナザーワールド

1d3を振り、ランダムに以下の魔法を行使します。

 

メドローア】抵抗:必中

熱のプラスと熱のマイナスの魔法力をスパークさせて「熱の無」、消滅の力を生成し、光の矢のように束ね、射放つ魔法。
対象に「魔力点+威力100」C値3でダメージを算出し、この魔法によって対象のHPが0以下になると、生死判定を自動失敗させます。

アルテマ】抵抗:必中

無属性による究極の範囲魔法です。
範囲100/20で、「9999」点の固定ダメージを与えます。


【アークセイジ】抵抗:必中


理魔法における、炎、雷、風、の最上位魔法【レクスフレイム】【レクスボルト】【レクスカリバー】を同時に行使します。

それぞれ、炎、雷、風属性で、「魔力点+威力100」C値7でダメージを与えます。

 


〆××××【?※繧ゅ>縺?s縺adgエ】

→〆【ロスト】抵抗:必中

術者が生死判定に失敗した時に、発動します。
術者の残りMPを全て消費し、消費したMPだけ対象のMPへダメージを与えます。
この時、MPは「0」点以下になります。
対象のMPが「0」以下になった場合、そのキャラクターと術者のキャラクターシートがロストされます。

 

 

この世界が、作り物、ゲームの中の存在に過ぎない、と気付いてしまった魔導師ヴェスは、高次元のキャラクターシートに干渉する術を覚えました。

ヴェスは、ゲームの中の存在と知りながら頽廃的に生を過ごしている、という魔導師の設定でした。